コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生石ヶ峰 おいしがみね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生石ヶ峰
おいしがみね

和歌山県北部,紀伊山地北西部の長峰山脈主峰。標高 870m。紀美野町有田川町との境に位置。隆起準平原をなす生石高原の頂部で,空海ゆかりの伝説がある笠石や,押し上げ岩と呼ばれる石英千枚岩の巨岩がある。生石の地名のもとになった大石 (大岩) を祭神とする生石神社がある。生石高原県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕生石ヶ峰(おいしがみね)


和歌山県の北部、紀伊(きい)山地の西端をなす長峰(ながみね)山脈の主峰。標高870m。山頂は東西に2峰があり、その間に笠石(かさいし)とよばれる高さ20mの岩がある。生石高原県立自然公園に属し、山頂西方に国民宿舎、東麓(とうろく)に天文台があり、春から秋にかけてキャンプ村がにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生石ヶ峰の言及

【生石高原】より

…古生層(三波川変成帯)からなる。生石ヶ峰(870m)を中心に,平たん面が広がり,山頂は草原となって,春の新緑,秋のススキの季節は特によい。山頂からの眺望に優れ,行楽地となっている。…

※「生石ヶ峰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

生石ヶ峰の関連キーワード野上(和歌山県)金屋[町]野上[町]国民宿舎西端山地野上清水金屋東麓

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android