生石ヶ峰(読み)おいしがみね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生石ヶ峰
おいしがみね

和歌山県北部,紀伊山地北西部の長峰山脈主峰。標高 870m。紀美野町有田川町との境に位置。隆起準平原をなす生石高原の頂部で,空海ゆかりの伝説がある笠石や,押し上げ岩と呼ばれる石英千枚岩の巨岩がある。生石の地名のもとになった大石 (大岩) を祭神とする生石神社がある。生石高原県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕生石ヶ峰(おいしがみね)


和歌山県の北部、紀伊(きい)山地の西端をなす長峰(ながみね)山脈の主峰。標高870m。山頂は東西に2峰があり、その間に笠石(かさいし)とよばれる高さ20mの岩がある。生石高原県立自然公園に属し、山頂西方に国民宿舎、東麓(とうろく)に天文台があり、春から秋にかけてキャンプ村がにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生石ヶ峰の言及

【生石高原】より

…古生層(三波川変成帯)からなる。生石ヶ峰(870m)を中心に,平たん面が広がり,山頂は草原となって,春の新緑,秋のススキの季節は特によい。山頂からの眺望に優れ,行楽地となっている。…

※「生石ヶ峰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android