コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆起準平原 りゅうきじゅんへいげんelevated peneplain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆起準平原
りゅうきじゅんへいげん
elevated peneplain

地殻運動によって隆起した準平原。一度浸食基準面まで削剥され低下,小起伏化した土地が,再び地殻運動によって高所にもち上げられたもの。縁辺部から浸食が再び始まって深いが小起伏面を刻むようになる。三河高原吉備高原などはこの例で,新第三紀に形成された起伏面が隆起したものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうきじゅんへいげん【隆起準平原】

準平原が隆起した地形。河川に浸食されて谷が発達するまでは高原をなすが、谷に分断されると、高さのそろった山頂になだらかな地形の残る山地になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隆起準平原の関連キーワード外山早坂高原県立自然公園生石高原県立自然公園比婆道後帝釈国定公園愛知高原国定公園美濃三河高原赤坂[町]石見[町]大台ヶ原山阿武隈高地賀陽[町]高宮[町]落合[町]阿武隈山地金城[町]西彼杵半島弥栄[村]種山ヶ原護摩壇山早坂高原旭[町]

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android