コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生織物 キオリモノ

大辞林 第三版の解説

きおりもの【生織物】

生糸で織りあげたのちに精練する絹織物の総称。独特の柔らかさがある。羽二重・縮緬ちりめんなど。きおり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の生織物の言及

【絹織物】より

…強度,耐摩擦などの点では他の天然繊維に劣らないが,アルカリおよび日光に弱く,毛や綿織物に比べ多少保温性に欠ける。一般に絹織物は,織物としてから精練・染色する〈生(き)織物〉と,糸の状態で精練・染色して織物とする〈練(ねり)織物〉とに大別される。すなわち〈生織物〉は後練(あとねり),後染(あとぞめ)の織物で,白糸のまま織りあげ,あとから必要に応じて染色加工を施すものをいう。…

※「生織物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生織物の関連キーワード桐生(市)(きりゅう)佐羽吉右衛門(3代)群馬県桐生市永楽町織物参考館・紫前原 悠一郎飯塚 春太郎新居藤右衛門足利[市]松井 豊吉小島春比古前原悠一郎桐生[市]飯塚春太郎桐生織物田舎反物足利織物森山芳平佐羽喜六桐生織総称

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android