コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練織物 ネリオリモノ

大辞林 第三版の解説

ねりおりもの【練織物】

練糸で織った絹織物。甲斐絹かいき・御召おめし・銘仙の類。 ↔ 織物

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の練織物の言及

【絹織物】より

…強度,耐摩擦などの点では他の天然繊維に劣らないが,アルカリおよび日光に弱く,毛や綿織物に比べ多少保温性に欠ける。一般に絹織物は,織物としてから精練・染色する〈生(き)織物〉と,糸の状態で精練・染色して織物とする〈練(ねり)織物〉とに大別される。すなわち〈生織物〉は後練(あとねり),後染(あとぞめ)の織物で,白糸のまま織りあげ,あとから必要に応じて染色加工を施すものをいう。…

※「練織物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

練織物の関連キーワード絹織物糸織

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android