産業保健活動総合支援事業(読み)サンギョウホケンカツドウソウゴウシエンジギョウ

人事労務用語辞典の解説

「産業保健活動総合支援事業」とは、企業の産業保健活動に対する効果的な支援を促進するために、厚生労働省が2014年4月から運営を開始した新事業です。「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(201三年12月24日閣議決定)をうけて、同省は、産業保健を支援する既存の三つの事業――地域産業保健事業、産業保健推進センター事業、メンタルヘルス対策支援事業を一元化。産業保健活動総合支援事業として、企業内の産業保健活動を総合的に支援する体制を再編しました。
(2014/5/12掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android