運営(読み)ウンエイ

デジタル大辞泉 「運営」の意味・読み・例文・類語

うん‐えい【運営】

[名](スル)団体などの機能を発揮させることができるように、組織をまとめて動かしていくこと。また、動かしている主体管理者。「大会運営する」「運営委員会」
[類語]経営営業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「運営」の意味・読み・例文・類語

うん‐えい【運営】

  1. 〘 名詞 〙
  2. からだの働き。また、からだの機能が働くこと。
    1. [初出の実例]「以て吾人の性命を養ひ。運営に資給することを為なり」(出典:西説内科撰要(1792)一八章)
  3. 組織や制度などを働かせること。
    1. [初出の実例]「地方公共団体の組織及び運営に関する事項は」(出典:日本国憲法(1946)九二条)

運営の語誌

( 1 )の意味では、挙例の「西説内科撰要」のほか、一八世紀末の翻訳医学書に数多く見える。
( 2 )この語は中国の古典の例には見えず、成り立ちとしては「運動営為」〔和蘭医事問答〕の略、あるいは、「食べ物から得られたエネルギーによる活力」を意味する漢方の「営」を運ぶ意からとも考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android