運営(読み)うんえい

精選版 日本国語大辞典「運営」の解説

うん‐えい【運営】

〘名〙
① からだの働き。また、からだの機能が働くこと。
西説内科撰要(1792)一八章「以て吾人の性命を養ひ。運営に資給することを為なり」
② 組織や制度などを働かせること。
※日本国憲法(1946)九二条「地方公共団体の組織及び運営に関する事項は」
[語誌](1)①の味では、挙例の「西説内科撰要」のほか、一八世紀末の翻訳医学書に数多く見える。
(2)この語は中国の古典の例には見えず、成り立ちとしては「運動営為」〔和蘭医事問答〕の、あるいは、「食べ物から得られたエネルギーによる活力」を意味する漢方の「営」を運ぶ意からとも考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「運営」の解説

うん‐えい【運営】

[名](スル)団体などの機能を発揮させることができるように、組織をまとめて動かしていくこと。「大会を運営する」「運営委員会」
[類語]経営営業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android