コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産科鉗子 サンカカンシ

デジタル大辞泉の解説

さんか‐かんし〔サンクワ‐〕【産科×鉗子】

出産が遅延した場合などに、胎児の頭を挟んで引き出す器具

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんかかんし【産科鉗子】

分娩時などに用いる、産科用の鉗子。 → 鉗子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の産科鉗子の言及

【鉗子分娩】より

…なお骨盤位分娩の際に後から産まれてくる児頭が簡単に出ない場合にも鉗子を用いることがある(後続児頭鉗子)。
[産科鉗子]
 産科で使われる鉗子の種類はたくさんあるが,今日日本で一般に用いられている産科鉗子はネーゲレ,キーラン,パイパーの3種類である。それぞれ特徴があり,用途によって使い分けられる。…

※「産科鉗子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

産科鉗子の関連キーワードシンプソン(Sir James Young Simpson)チェンバレン家スメリー片倉鶴陵片倉元周鉗子分娩出産鉗子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android