コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村水鴎 たむら すいおう

美術人名辞典の解説

田村水鴎

江戸中期の浮世絵師。京都の人。名は節信、通称は元吉別号は観薫・卯観子・千山元禄から享保期(1688~1736)にかけて菱川師宣の流れをくむ肉筆美人画武者絵を手掛けた。土佐派などの諸派を折衷した軟らかな筆勢の優婉さと品格の高さが感得できる。生歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村水鴎 たむら-すいおう

?-? 江戸時代前期-中期の浮世絵師。
美人画にすぐれ,天和(てんな)-享保(きょうほう)(1681-1736)のころ活躍した。肉筆画のみのこり,画風は菱川師宣(ひしかわ-もろのぶ)風。名は節信。別号に卯観子(ぼうかんし),観董。作品に「羽根つき図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田村水鴎

生年:生没年不詳
江戸中期の浮世絵師。名号はほかに節信,観董がある。菱川師宣の美人画風に影響を受け,元禄(1688~1704)から享保期(1716~36)ごろにかけて,肉筆美人画を専門に手がけた。土佐派など諸派を折衷したその優美な美人画風は特徴的で,いずれも品格が高いと評される。

(内藤正人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

田村水鴎の関連キーワード肉筆浮世絵生年

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android