コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱川師宣 ひしかわもろのぶ

9件 の用語解説(菱川師宣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菱川師宣
ひしかわもろのぶ

[生]?
[没]元禄7(1694).6.4.
江戸時代初期の浮世絵師。名は吉兵衛。剃髪して友竹と号した。安房国 (千葉県) の縫箔を家業とする家に生れる。寛文年間 (1661~73) ,画家を志して江戸に出てから死没 (一説に数え年 77歳) するまで,菱川派の祖としてその配下の画工たちと,150種にも上る絵本,挿絵本,一枚絵の組物といった版画作品 (このうちの多くは好色本) ,および主として遊楽の場面を描いた多くの肉筆画を精力的に制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひしかわ‐もろのぶ〔ひしかは‐〕【菱川師宣】

[?~1694]江戸前期の浮世絵師。安房(あわ)の人。俗称、吉兵衛。号、友竹。江戸に出て版本の挿絵・絵本を多く描き、独自の美人様式を確立。また、歌舞伎や吉原の風俗などを肉筆画として制作、浮世絵版画の開祖とされる。「見返り美人図」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

菱川師宣【ひしかわもろのぶ】

江戸初期の浮世絵師。安房(あわ)の縫箔刺繍業の家に生まれ,俗称吉兵衛,晩年剃髪(ていはつ)して友竹と号した。寛文年間に江戸に出て狩野派土佐派を学び,これを基礎にして吉原の遊女歌舞伎役者の風俗を描き,素朴ながら張りのある墨線で世相を生き生きと表現した。
→関連項目元禄文化春画丹絵英一蝶宮川長春

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菱川師宣 ひしかわ-もろのぶ

?-1694 江戸時代前期の浮世絵師。
挿絵画家として活躍をはじめ,古典から芝居・遊里風俗,当代女性などを題材に独自の庶民芸術を創始した。浮世絵版画の祖とされる。作品に版本「吉原恋の道引」,肉筆画「歌舞伎図屏風」「見返り美人図」など。元禄(げんろく)7年6月4日死去。安房(あわ)(千葉県)出身。通称は吉兵衛。法号は友竹。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菱川師宣

没年:元禄7.6.4(1694.7.25)
生年:生年不詳
江戸時代,浮世絵派草創期を代表する絵師。安房国(千葉県)平郡郡保田村に住む縫箔師,菱川吉左衛門の子。俗称吉兵衛。晩年薙髪して友竹と号する。寛文(1661~73)後期にはすでに江戸で絵師として活動しているが,それ以前の習作時代や師系については不詳。後年自ら「大和絵師」と称しているように,土佐系の町絵師の画様を基調とし,漢画系の諸派や中国版画も吸収,先行する江戸版挿絵本にも大いに学んで菱川様といわれる新様式を工夫したものと推定される。確認される最初の署名本は『武家百人一首』(1672)で,同年春の年紀を持つ肉筆画巻2段(東京国立博物館蔵「北楼及び演劇図巻」中)も存在する。延宝年間(1673~81)から貞享年間(1684~88)が最盛期で,寛闊にして優美,洗練された描線と彩色,確固適切な構図による時様風俗描写は,世に称賛されて浮世絵の聖手名人の名をほしいままにした。100種以上の絵本・挿絵本,50種以上の枕絵本を残し,江戸名所,古物語の組物,枕絵の組物も制作した。肉筆作品も画巻,屏風,掛軸など相当数の作品が確認されており,その人気と旺盛な活動を知ることができる。師宣は,遅くとも貞享年間には子の師房や門人の師重らと工房を営み,遊里と芝居町の2大悪所や上野,隅田川といった行楽地をテーマにした風俗画を量産したと推定される。今日,浮世絵版画の祖として,また,浮世絵派の原様式を創成した絵師として高く評価されている。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

菱川師宣

1618?〜1694(??年〜元禄7年)【浮世絵師】絵本の挿絵を独自の画法で、浮世絵として独立させた。 浮世絵師。安房国出身。土佐派・長谷川派・漢画などを独学、独自の画風を確立した。江戸で大衆文化が発達し、吉原などの風俗を描く絵本や版画が人気となった。その挿絵に画号を最初に銘記したのが師宣である。やがて挿画を一枚の摺り画として独立させ、後に浮世絵と呼ばれるジャンルを作り上げた。絵を主体にした版画が多数だが『見返り美人図』など、肉筆画も多く残す。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひしかわもろのぶ【菱川師宣】

?‐1694(元禄7)
江戸初期の画家。浮世絵の確立者で,菱川派の祖。安房国保田村(現,千葉県鋸南町)の繡箔(ぬいはく)師の子として生まれ,若くして江戸に出て画技を学んだ。通称吉兵衛,晩年薙髪して友竹と号した。狩野派,土佐派など本格的な流派の画法を学び,寛文年間(1661‐73)興隆期の江戸の大衆出版界に身を投じて挿絵画家となった。多くの無名の絵師と異なり,彼は1672年(寛文12)刊の絵入り本《武家百人一首》に江戸の挿絵画家としてはじめて署名を入れ,またしばしば大和絵師と自称して伝統的な大和絵の継承者を自認した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひしかわもろのぶ【菱川師宣】

1618頃~1694) 江戸前期の浮世絵師。号は友竹。安房の人。江戸に出て多くの版本の挿絵を描いた。また肉筆画にも優れ、市井の女性の生き生きとした姿態を描き、浮世絵の祖とされる。代表作「見返り美人図」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菱川師宣
ひしかわもろのぶ
(?―1694)

江戸前期の浮世絵師。浮世絵草創期を代表する画家で、菱川派の祖。安房(あわ)国平群(へぐり)郡保田(ほた)村(千葉県安房郡鋸南(きょなん)町)の縫箔師(ぬいはくし)菱川吉左衛門の子。俗称吉兵衛、晩年薙髪(ちはつ)して友竹(ゆうちく)と号す。1670年(寛文10)ごろにはすでに江戸で浮世絵師として活動しているが、それ以前の習作時代や師系についてはつまびらかでない。後年自ら「大和絵師(やまとえし)」と称していることから、土佐派系の町絵師の流れを基調として、漢画系の諸派や中国版画も吸収、菱川様(よう)といわれる新様式をくふうしたものと思われる。その寛闊(かんかつ)にして優美、洗練された描線と彩色、確固適切な構図による時様風俗描写は、世に称賛されて浮世絵の開祖名人の名をほしいままにした。
 100種以上の絵本・挿絵本、50種以上の艶本(えんぽん)を残し、枕絵(まくらえ)・名所絵・浄瑠璃絵(じょうるりえ)の組物もある。肉筆画も画巻・屏風(びょうぶ)・軸物など相当数の作品が確認されており、その人気と旺盛(おうせい)な活動を知ることができる。また師房(もろふさ)(長男)、師重(もろしげ)、師平ら多くの門人を育てて工房製作も行い、芝居町と遊里の二大悪所や、上野・隅田川などの行楽地に集う市井の人々が、多量に、生き生きと、ふさわしい新様式で描出されていった。師宣が浮世絵の始祖であるか否かの論議はいまだ決着をみないが、少なくとも師宣は浮世絵版画の祖であり、それ以上に浮世絵派の原様式を創成した功績は大きく、その意味で浮世絵派の祖ということができよう。おもな作品に『吉原の躰(てい)』(墨摺(すみずり)12枚組)、『浮世続(うきよつづき)』(墨摺絵本、1682)、『北楼(ほくろう)及び演劇図巻』(一巻、東京国立博物館)、『見返り美人』(一幅、同上)などがある。生地に菱川師宣記念館がある。[浅野秀剛]
『楢崎宗重解説『浮世絵大系1 師宣』(1974・集英社) ▽『肉筆浮世絵2 師宣――菱川派・懐月堂派・寛文美人』(1982・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の菱川師宣の言及

【浮世絵】より


[浮世絵版画の独立]
 江戸における大衆向け絵入り版本の需要は,はじめもっぱら上方版の輸入によってみたされていたが,明暦3年(1657)の大火以後の都市復興の活況の中で,江戸の版元(地本問屋)による版行もさかんとなり,版下絵師も数多く育てられることとなった。その一人として成長した菱川師宣は,仮名草子や好色本を中心にすぐれた挿絵を提供し,本の中に占める挿絵の比重を拡大していった。すなわち,文章は版面の上段5分の1ほどの狭い枠内におしこめられていき,下方の広いスペースには,めりはりの強い描線による明快で優麗な風俗描写が展開されるようになる。…

【江戸時代美術】より

…これに対し,創造の意欲を示したのは民間の側である。 上方で流行した風俗画は,寛文(1661‐73)のころになると,新興町人の都市である江戸にその場所を移して,より量産に適した版画に新しい展開の道を見いだすようになり,菱川師宣による浮世絵が出現した。呉服商雁金屋出身の尾形光琳は,上方の上層町衆の芸術的伝統を継いで,宗達の装飾画風をより知的に洗練させた。…

【鋸南[町]】より

…南房総国定公園に含まれる保田,勝山の海岸は大正時代からの海水浴場である。日蓮自筆の《愛染不動感見記》(重要文化財)を伝える妙本寺や行基の開山といわれる日本寺があり,保田は江戸時代の浮世絵師菱川師宣の出身地である。内房線が通じる。…

【古今役者物語】より

…江戸時代の芝居絵本。菱川師宣筆。1678年(延宝6)刊。…

【芝居絵】より

…すなわち桃山時代から江戸時代初頭にかけての肉筆風俗画では,はじめ〈洛中洛外図〉や〈京名所図〉などの屛風画の一部に,北野神社社頭や四条河原の歌舞伎小屋が描き込まれ,ついで歌舞伎小屋とその周辺にくりひろげられる風俗事象を活写した〈歌舞伎屛風〉が成立する。こうして芝居絵は,いわゆる近世初期風俗画の重要な部分をになうことになるが,残された多くの作例の中から今かりに《阿国歌舞伎草紙》(大和文華館),《阿国歌舞伎図屛風》(山本家),《采女(うねめ)歌舞伎図巻》(徳川黎明会),《若衆歌舞伎図屛風》(大津賀家),そして伝菱川師宣筆《歌舞伎図(中村座内外図)屛風》(東京国立博物館)という各時期の代表的な作例をたどってみると,お国歌舞伎から遊女,若衆,そして野郎歌舞伎へと展開した初期歌舞伎の様態の変遷を,一目して了解することができる。芝居絵が,単に美術鑑賞の期待にこたえるばかりでなく,歌舞伎研究の貴重な画証資料として尊ばれるゆえんである。…

※「菱川師宣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菱川師宣の関連キーワード歌川国貞(初代)大森善清珠雀斎詮茂東燕斎寛志花田内匠不韻斎蒔絵師源三郎正歳《浮世絵師・紫頭巾》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菱川師宣の関連情報