コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺史 たなべのふひと

2件 の用語解説(田辺史の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺史 たなべのふひと

?-? 奈良時代の官吏。
渡来系氏族の出身。史の姓(かばね)から文筆を職務としていたことがわかるが,名は不詳。天平(てんぴょう)3年(731)書生(しょしょう)として,唐(中国)の薬学書「新修本草」を書写している。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田辺史

生年:生没年不詳
8世紀前半の下級官人。渡来系の田辺氏出身者であるが,名は不詳。天平3年7月17日(731.8.23),書生として唐代の薬物書『新修本草』巻15の書写に従事したことがその奥書にみえる。書生は中務省図書寮や式部省に所属し,写本などの作成に当たる職。

(東野治之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田辺史の関連情報