コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田鶴浜建具

1件 の用語解説(田鶴浜建具の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

田鶴浜建具

江戸時代初期、現・七尾市田鶴浜町の地元領主が寺を再建する際に尾張(愛知県)から指物師2人を招いて障子や欄間を作らせたのが始まりといわれる。和風住宅の減少などで需要が減り、1950年設立の田鶴浜建具工業協同組合によると、組合員数は当初の50から13になった。

(2014-04-10 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田鶴浜建具の関連キーワード七尾市田鶴浜[町]石川県七尾市白浜町石川県七尾市祖浜町田鶴浜〈町〉石川県七尾市田鶴浜町石川県七尾市東浜町石川県七尾市古屋敷町石川県七尾市万行町石川県七尾市三引町白浜町入合

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田鶴浜建具の関連情報