コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由里明 ゆり あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由里明 ゆり-あきら

1911-1984 昭和時代の洋画家。
明治44年12月23日生まれ。独立美術京都研究所で須田国太郎にまなぶ。昭和14年新文展で「残果」が初入選。24年光風会展で入選,26年同会会員となり,43年評議員。また29年日展で「死んだ鳥」が特選となり,57年日展会員。京都精華大教授をつとめた。昭和59年4月28日死去。72歳。京都出身。京都師範卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

由里明の関連キーワード由里 明昭和時代

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android