コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須田国太郎 すだ くにたろう

8件 の用語解説(須田国太郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

須田国太郎

洋画家。京都生。京大哲学科卒業後、関西美術院都鳥英喜らにデッサンを学ぶ。渡欧してスペイン絵画に傾倒し模写に専念する。帰国後、関西美術院展・独立美術協会展に度々出品。著書に『近代美術とレアリズム』等がある。独立美術協会会員。芸術院会員。京美大名誉教授。毎日美術特別賞受賞。昭和36年(1961)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すだ‐くにたろう〔‐くにタラウ〕【須田国太郎】

[1891~1961]洋画家。京都の生まれ。独立美術協会会員。東西美術の融合を追求し、独自の明暗法による作品を制作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

須田国太郎【すだくにたろう】

洋画家,美術史家。京都市に生まれ,京大で美学・美術史を学ぶ。卒業後関西美術院で素描を学び,ヨーロッパ旅行後,一時京大で美術史を講義したが,1932年から絵を発表し始め,1934年独立美術協会に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須田国太郎 すだ-くにたろう

1891-1961 昭和時代の洋画家。
明治24年6月6日生まれ。スペイン留学後,母校京都帝大で美術史を講義するかたわら油絵を制作。昭和9年独立美術協会会員,22年芸術院会員,25年京都市立美大教授。独特の明暗法で思想性ゆたかな画境を開拓した。昭和36年12月16日死去。70歳。京都出身。作品に「法観寺塔婆(とうば)」「犬」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すだくにたろう【須田国太郎】

1891‐1961(明治24‐昭和36)
洋画家。京都生れ。第三高等学校を経て京都帝国大学哲学科で美学・美術史を専攻し,大学院修了後スペインに留学してベネチア派絵画を中心に研究した。帰国後は,京大文学部で美術史を講ずる一方,三高時代から始めた油絵の制作も続け,1932年東京で個展を開催,34年独立美術協会会員となり,以後独立展に出品した。戦後は京都市立美術大学教授や日本芸術院会員となって幅広い活動を続けた。彼は,西洋絵画の理論的な研究を基礎に,黒や褐色を主体とする重厚な表現のうちに,深い精神性を宿した独自の画風を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すだくにたろう【須田国太郎】

1891~1961) 洋画家・美術史家。京都生まれ。京大卒。スペインに留学し西欧リアリズム絵画技法を研究、帰国後独立美術協会会員。独特の陰影法による境地を開拓。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須田国太郎
すだくにたろう

[生]1891.6.6. 京都
[没]1961.12.16. 京都
洋画家。京都帝国大学文学部で美学美術史を専攻,1916年大学院に進む。 17年より2年間関西美術院で本格的に絵を学んだ。 19年ヨーロッパへ留学,主としてスペインで E.グレコ,F.ゴヤらの作品を模写研究し,23年帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須田国太郎
すだくにたろう
(1891―1961)

洋画家。明治24年6月6日京都に生まれる。第三高等学校時代から油絵と謡曲を習う。京都帝国大学では美学美術史を専攻して「写実主義」を卒論とし、大学院では「絵画の理論と技巧」を研究テーマとするほか、関西美術院に通う。1919年(大正8)インド滞在を経てマドリードに至り、以後おもにプラド美術館で巨匠たちの作品を模写するほか、ヨーロッパの各地を巡遊する。23年帰国後は、母校京都帝大ほかで美術史を講じるかたわら油絵の制作、発表に励む。34年(昭和9)独立美術協会の会員となり、『法観寺塔婆』ほかを出品。40年の『歩む鷲(わし)』は文部省買上げとなる。東西美術の融合を求め、独自の明暗法による近代油彩画境を開拓し、47年(昭和22)日本芸術院会員に推された。50年京都市立美術大学教授、学長代理として後進の指導にあたりながら、独立展ほかにも発表を続け、『犬』などにみる神秘感を秘めた深い写実画境に達した。56年ベネチア・ビエンナーレ展に出品して好評を博し、59年毎日美術賞を受ける。昭和36年12月16日没。[小倉忠夫]
『井上靖・河北倫明他編『日本の名画20 須田国太郎』(1976・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須田国太郎の関連キーワード浜田耕作三高成城大学高卒高等学校ナンバースクール進学校新制高等学校第三高等学校松村 禎三

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

須田国太郎の関連情報