男爵芋(読み)だんしゃくいも

精選版 日本国語大辞典「男爵芋」の解説

だんしゃく‐いも【男爵芋】

〘名〙 ジャガイモの一品種。早生で収量が多く日本各地で最も多く栽培される。いもは扁球形、黄白色、肉は白色で味がよい。明治末年、北海道七飯(ななえ)の農場主、川田龍吉男爵がアメリカから輸入したアイリッシュ‐コブラーの馴化品種。だんしゃく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「男爵芋」の解説

だんしゃく‐いも【男爵芋】

ジャガイモの一品種。やや球形で、目のところのくぼみが深い。明治40年(1907)北海道の川田男爵米国から導入。生産量は多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android