町芸者(読み)マチゲイシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 町なかに住んで営業する芸者。遊里に住む芸者に対していう。
※洒落本・契国策(1776)中「さげ重おどり子つり物くわせ物しょふべん組の町げいしゃなどと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の町芸者の言及

【芸者】より

…関西では芸子(げいこ)といい,明治以後の官庁用語では芸妓(げいぎ)と称する。芸者には,遊郭に発生した郭(くるわ)芸者と市中に散在した町芸者との2系統があった。郭芸者の出現は,大坂で享保(1716‐36),江戸で宝暦(1751‐64)ごろであるが,その前身に元禄時代(1688‐1704)の太鼓女郎(たいこじよろう)がいた。…

※「町芸者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android