町中(読み)まちじゅう

精選版 日本国語大辞典「町中」の解説

まち‐じゅう ‥ヂュウ【町中】

〘名〙
のすみずみまで全部。町全体。
※狂言記・六地蔵(1700)「田舎者が、地蔵を誂へたいといふて、町中をよばはってまはった程に」
② 町役人、また、その事務である町会所。町内の自治を執行する。
※浮世草子・好色一代男(1682)七「両揚屋、町中袴着て」

ちょう‐じゅう チャウヂュウ【町中】

〘名〙
① 町の隅々まで全部。町全体。また、そこに住む人全部。まちじゅう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・日本永代蔵(1688)一「後家、町中(テウチウ)に歎き、此家をたのもしの入札にして売ける」

まち‐なか【町中】

〘名〙 町の、家が立ち並んでいる所。町のなか
※元祿版古今著聞集(1254)二〇「むら猿を町中へ追出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「町中」の解説

まち‐じゅう〔‐ヂユウ〕【町中/街中】

町の全部。町全体。
町の人々全部。

まち‐なか【町中/街中】

住宅商店が集まっている所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android