コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑苗代 はたなわしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畑苗代
はたなわしろ

苗代ともいう。灌水しないのを特徴とする。畑地に設けるものと,水田を乾田化して設けるものとがある。 (1) 灌水の手数がいらない,(2) 浮苗が生じない,(3) 移植後の活着が早く発育が旺盛で,多収量が期待できる,などの利点があるが,反面,(1) 鳥害鼠害などが多い,(2) 苗の抜取りが困難で手数がかかる,などの欠点がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の畑苗代の言及

【苗代】より

…しかし1970年から79年にかけての10年間に,機械移植栽培法が急速に普及し,育苗はプラスチック製の箱や枠を用いた共同育苗の施設などで行われることが多くなったので,苗代の役割は低下してきている。
[種類]
 苗代の様式は,水田苗代と畑苗代に大別される。水田苗代には普通水苗代,通し苗代,折衷苗代,簡易折衷苗代,保温折衷苗代などがあり,畑苗代には,普通畑苗代,温床苗代,冷床苗代,ビニル保温苗代などがある。…

※「畑苗代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

畑苗代の関連キーワード保温折衷苗代折衷苗代荻原豊次原 正市陸苗代イグサイネ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android