コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手数 でず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手数
でず

相撲技 (わざ) のこと。「相撲伝書」に「百五十有余の手数もすべて四肢,心体の技だから理にかなっていないものはない」,「相撲略儀抄」に「相撲手数百七十五手あり」とある。これを「でず」と読むのは吉田司家の伝承であるが,熊本地方のなまりでこう発音されたものと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

て‐かず【手数】

てすう(手数)1」に同じ。「手数をかけた料理」
てすう(手数)2」に同じ。「お手数ですが、よろしくお願いします」
囲碁・将棋などで、ある手段を施すのに必要な着手の数。また攻め合いで、石を打ち上げるために詰めなければならない駄目の数。「手数を読む」「白のほうが手数が長い」
ボクシングで、パンチを出す度数。「手数は多いが有効打が少ない」

て‐すう【手数】

それをするのに要する動作・作業などの数。てかず。「手数のかかる料理」
他人のためにことさらにかける手間。てかず。「お手数でもよろしく」「お手数をかけて恐縮です」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てかず【手数】

ある事をするための労力。手間。てすう。 「 -のかからない仕事」
碁・将棋などの手の数。てすう。 「 -が少ない」
ボクシングで手を出す回数。

てすう【手数】

それをするのに必要な動作・細工などの数。また、それが多くて面倒なこと。てかず。 「 -ばかりかかる仕事」
(「お手数をかけます」などの形で)自分のために労力を尽くしてくれた相手に対して感謝する気持ちを表す。 「お-をかけてすみません」 〔「お手数ですが」の形で、相手に何らかの依頼を願い出る場合にも用いる。「お-ですが、書類の件よろしくお願いいたします」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手数の関連キーワードオール・イン・ワン世話を掛ける世話が焼ける金銭債権信託ボクシング世話がない手が掛かる手を掛ける手入らず手も無く体表面積倉庫特約土俵入り面倒臭い手数入り手間取る手を抜く手数料御手数手抜き

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手数の関連情報