コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異国情緒 イコクジョウチョ

デジタル大辞泉の解説

いこく‐じょうちょ〔‐ジヤウチヨ〕【異国情緒】

《「いこくじょうしょ」の慣用読み》「異国情調」に同じ。「異国情緒を味わう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いこくじょうちょ【異国情緒】

〔「じょうちょ」は慣用読みで、正しくは「じょうしょ」〕
異国情調 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の異国情緒の言及

【エキゾティシズム】より

…語源はギリシア語のエクソティコスexōtikos(〈異国の,外来の〉の意)で,異国趣味もしくは異国情緒と訳されている。本来は自国に見られない風土や風俗への漠然たる好奇心から始まったものと思われるが,芸術上の趣味,もしくは時代的風潮としては,それぞれ特定の地方への関心が強く情緒化されたものであり,場合によってはこれに,自国の環境から離脱したいとする現実逃避の気分が結びつく。…

※「異国情緒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

異国情緒の関連キーワードモラン(Paul Morin、カナダの詩人)バンクーバーのチャイナタウンロナルド ファーバンク長崎凧とビードロよまマータ ランドールG. ランブールイアン ワトソンP. アンブールオリエンタリズムパウストフスキーアルジェの女たちブロムフィールドエキゾチシズムピエール ロチジャポニスムP. モランふらんす物語セナド広場バリモントブリクセン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異国情緒の関連情報