コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異業態間競争 inter-type competition

流通用語辞典の解説

異業態間競争【inter-type competition】

類似した業種であって、異なる業態での流通業界での競争のことをさしている。たとえば、百貨店と大型スーパー、量販店と専門店、系列店と独立店などの間で起こる競争は、異業態間競争とみることができる。最近では、業態間の競争はもちろん、情報テクノロジー(IT)の発達で、異業種間競争の様子を呈してきた。インターネットを利用したメーカーのダイレクト販売(松下電器産業、ソニーなど)が始まり、メーカーや卸売業、小売業の境界が風化し始めている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android