コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異相変成作用 いそうへんせいさようallophase metamorphism

岩石学辞典の解説

異相変成作用

新しい鉱物相の形成を含む変成作用[Eskola : 1939].原岩の複数の鉱物種が消費され反応して複数の鉱物種となったものである.この場合にでき上がった岩石と原岩とは鉱物組合せが異なるが,岩石全体としては同化学的の場合も異化学的の場合もある.変成岩では一般に原岩と鉱物組合せが異なるのが普通である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

異相変成作用の関連キーワードチェコ世界のおもなアカデミーチェスキークルムロフ城チェスキーシュテルンベルク城チェスキー-クルムロフ歴史地区チェコチェコスロバキアパラツキーボヘミア盆地チェコ

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android