コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異相変成作用 いそうへんせいさようallophase metamorphism

1件 の用語解説(異相変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

異相変成作用

新しい鉱物相の形成を含む変成作用[Eskola : 1939].原岩の複数の鉱物種が消費され反応して複数の鉱物種となったものである.この場合にでき上がった岩石と原岩とは鉱物組合せが異なるが,岩石全体としては同化学的の場合も異化学的の場合もある.変成岩では一般に原岩と鉱物組合せが異なるのが普通である.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

異相変成作用の関連キーワードチェコチェコ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone