異相変成作用(読み)いそうへんせいさよう(英語表記)allophase metamorphism

岩石学辞典の解説

異相変成作用

新しい鉱物相の形成を含む変成作用[Eskola : 1939].原岩の複数の鉱物種が消費され反応して複数の鉱物種となったものである.この場合にでき上がった岩石と原岩とは鉱物組合せが異なるが,岩石全体としては同化学的の場合も異化学的の場合もある.変成岩では一般に原岩と鉱物組合せが異なるのが普通である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android