コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異端視 イタンシ

デジタル大辞泉の解説

いたん‐し【異端視】

[名](スル)異端とみなすこと。異端として扱うこと。「異端視される流派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたんし【異端視】

( 名 ) スル
異端(者)であると見ること。異端(者)として扱うこと。 「その説は学界から-された」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

異端視の関連キーワードピエール テイヤール・ド・シャルダンモーリス・C. エッシャーコペンハーゲン解釈ネオマルキシズムユニバーサリストイブンルシュドウー・オッタマイブン・ハズムアイベシュッツタントラ仏教ミチューリンピリニャークゾシチェンコ多世界解釈エビオン派松村 介石アラウィ派大住院以信立原翠軒大田錦城

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異端視の関連情報