異郷の鬼となる(読み)いきょうのおにとなる

精選版 日本国語大辞典の解説

いきょう【異郷】 の 鬼(おに)となる

故郷を遠く離れた地、または外国で死ぬ。異域の鬼となる
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉八「沖天の猛志を懐ゐて、知己後輩の望を負ふて居ながら異郷の鬼となられたか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android