疎漏・粗漏・麁漏(読み)そろう

精選版 日本国語大辞典「疎漏・粗漏・麁漏」の解説

そ‐ろう【疎漏・粗漏・麁漏】

〙 (形動) おろそかで手おちのあること。また、そのさま。てぬかり。
※三代制符‐建久二年(1191)三月二八日「慥守典法、莫疎漏
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「欧洲の地理家も、此州土の検査は、麁漏にて、米洲と亜細亜洲との間なる、一箇の大島なりと思ひたり」 〔南斉書‐王晏伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報