南斉書(読み)なんせいしょ

精選版 日本国語大辞典「南斉書」の解説

なんせいしょ【南斉書】

中国正史。二十五史の一つ。五九巻。本紀八巻、志一一巻、列伝四〇巻から成立。もと六〇巻で唐代に一巻を佚した。の蕭子顕撰。南朝の歴史を記す。公正を失わない点にすぐれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「南斉書」の解説

なんせいしょ【南斉書】

中国の二十四史の一。南斉の正史で、りょう蕭子顕しょうしけん撰。もとは60巻だが代に1巻を逸し、現存するのは本紀8巻、志11巻、列伝40巻の全59巻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android