コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南斉書 ナンセイショ

デジタル大辞泉の解説

なんせいしょ【南斉書】

中国の二十四史の一。南斉の正史で、梁(りょう)の蕭子顕(しょうしけん)撰。もとは60巻だが代に1巻を逸し、現存するのは本紀8巻、志11巻、列伝40巻の全59巻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんせいしょ【南斉書】

中国、二十四史の一。南朝の斉の史書。五九巻(もと六〇巻)。梁りようの蕭子顕しようしけんの撰。天監年間(502~519)に梁の武帝に献じられた。本紀八巻・志一一巻・列伝四〇巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南斉書の関連キーワード三十六計逃げるに如かず二十二史箚記二十二史考異十七史商榷二十一史倭の五王景陽の鐘雄略天皇十七史地理志武帝書厨史書祥瑞扶南

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android