三代制符(読み)さんだいせいふ

世界大百科事典 第2版の解説

さんだいせいふ【三代制符】

建久新制(1191),寛喜新制(1231),文永新制(1273)の鎌倉時代の代表的な三つの公家新制(制符)を収めた書。江戸初期,近衛家の所有となった東大寺学僧宗性上人(1202‐92)の旧蔵書のうちより,上記の3書を選んで安永(1772‐81)以前に1冊に収録。原本は陽明文庫に現存する。誤写が多いが代表的な新制を一覧できるので,よく使用される。《続々群書類従》所収。【後藤 紀彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android