コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三代制符 さんだいせいふ

世界大百科事典 第2版の解説

さんだいせいふ【三代制符】

建久新制(1191),寛喜新制(1231),文永新制(1273)の鎌倉時代の代表的な三つの公家新制(制符)を収めた書。江戸初期,近衛家の所有となった東大寺学僧宗性上人(1202‐92)の旧蔵書のうちより,上記の3書を選んで安永(1772‐81)以前に1冊に収録。原本は陽明文庫に現存する。誤写が多いが代表的な新制を一覧できるので,よく使用される。《続々群書類従》所収。【後藤 紀彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

三代制符の関連キーワード寛喜新制サンアントニオ聖堂善導寺臨済宗赤間神宮栄西九条兼実建久新制宣陽門院ハインリヒ[6世]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android