コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三代制符 さんだいせいふ

1件 の用語解説(三代制符の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんだいせいふ【三代制符】

建久新制(1191),寛喜新制(1231),文永新制(1273)の鎌倉時代の代表的な三つの公家新制(制符)を収めた書。江戸初期,近衛家の所有となった東大寺学僧宗性上人(1202‐92)の旧蔵書のうちより,上記の3書を選んで安永(1772‐81)以前に1冊に収録。原本は陽明文庫に現存する。誤写が多いが代表的な新制を一覧できるので,よく使用される。《続々群書類従》所収。【後藤 紀彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三代制符の関連キーワード新制作協会教育職員免許法等改正(教員免許更新制)駅弁大学寛喜新制文久新聞新制高等学校新制大学新制中学校法円

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone