疝気の虫

デジタル大辞泉プラスの解説

疝気の虫

古典落語の演目のひとつ。三代目三遊亭圓右が得意とした。オチはしぐさオチ。主な登場人物は、医者。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんき【疝気】 の 虫(むし)

疝気を起こさせるという虫。疝気が起こるのを体の中にすむ虫のせいと考えていう語。
※浄瑠璃・国性爺後日合戦(1717)五「汝らなんど五百三百生置いても、韃靼王が疝気の虫程も苦にならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疝気の虫の関連情報