疝気(読み)せんき

精選版 日本国語大辞典「疝気」の解説

せん‐き【疝気】

〘名〙 漢方で、主として下腹痛をいう。疝病。疝気病。あたばら。せん。
※大山寺本曾我物語(南北朝頃)一「居易がせんき思ひ出でられたり」
浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「此方は腰をお引きなさるるが疝気でも起ったか」 〔史記‐倉公伝〕
[補注]下腹部一帯の痛みを広く指すため、諸症状に適用され、俗間で男性特有の陰嚢睾丸の病とされた。患部が特定できないため「疝気の虫」のせいにされたりもした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「疝気」の解説

疝気
せんき

腹の痛む病気で、おもに下腹痛をさす。巣元方(そうげんほう)の『病源候論』に「疝は痛なり」とある。現在の(疝)痛に相当するものとみられる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「疝気」の解説

疝気【せんき】

漢方用語。疝とも。大腸小腸生殖器など下腹部内臓の痛む病気。石疝,血疝,陰疝,妬疝,気疝などに分類されるが定説はない。一般にはよこね,脱腸なども含めることがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「疝気」の解説

せん‐き【×疝気】

漢方で、下腹部や睾丸こうがんがはれて痛む病気の総称。疝病。疝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「疝気」の解説

せんき【疝気】

近代以前の日本の病名で,当時の医学水準でははっきり診別できないまま,疼痛をともなう内科疾患が,一つの症候群のように一括されて呼ばれていた俗称の一つ。単に〈疝〉とも,また〈あたはら〉ともいわれ,平安時代の《医心方》には,〈疝ハ痛ナリ,或ハ小腹痛ミテ大小便ヲ得ズ,或ハ手足厥冷シテ臍ヲ繞(めぐ)リテ痛ミテ白汗出デ,或ハ冷気逆上シテ心腹ヲ槍(つ)キ,心痛又ハ撃急シテ腸痛セシム〉とある。江戸時代の《譚海》には,大便のとき出てくる白い細長い虫が〈せんきの虫〉である,と述べられているが,これによると疝気には寄生虫病があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の疝気の言及

【寄生虫】より

…当時は野菜や食器・手などを十分に洗浄するような衛生観念もなく,また漬物を多食していたことも災いした。 江戸時代には寄生虫病は〈あだはら〉とも呼ばれ,疝気(せんき)という内科疾患には寄生虫病が多かった。江戸末期の《新撰病双紙》には,蟯虫病に悩む娘と,生のマスを食べてコウセツレットウジョウチュウ(広節裂頭条虫)が肛門から出ている男の姿が描かれている。…

※「疝気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android