コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疝気 せんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疝気
せんき

漢方用語。下腹部の痛みの総称胃炎胆嚢炎あるいは胆石腸炎,腰痛などが原因となることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐き【×疝気】

漢方で、下腹部や睾丸(こうがん)がはれて痛む病気の総称。疝病

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

疝気【せんき】

漢方用語。疝とも。大腸小腸生殖器など下腹部内臓の痛む病気。石疝,血疝,陰疝,疝,気疝などに分類されるが定説はない。一般にはよこね,脱腸なども含めることがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんき【疝気】

近代以前の日本の病名で,当時の医学水準でははっきり診別できないまま,疼痛をともなう内科疾患が,一つの症候群のように一括されて呼ばれていた俗称の一つ。単に〈疝〉とも,また〈あたはら〉ともいわれ,平安時代の《医心方》には,〈疝ハ痛ナリ,或ハ小腹痛ミテ大小便ヲ得ズ,或ハ手足厥冷シテ臍ヲ繞(めぐ)リテ痛ミテ白汗出デ,或ハ冷気逆上シテ心腹ヲ槍(つ)キ,心痛又ハ撃急シテ腸痛セシム〉とある。江戸時代の《譚海》には,大便のとき出てくる白い細長い虫が〈せんきの虫〉である,と述べられているが,これによると疝気には寄生虫病があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんき【疝気】

漢方で、下腹部の痛む病気。あたはら。疝。疝病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疝気
せんき

腹の痛む病気で、おもに下腹痛をさす。巣元方(そうげんほう)の『病源候論』に「疝は痛なり」とある。現在の仙(疝)痛に相当するものとみられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の疝気の言及

【寄生虫】より

…当時は野菜や食器・手などを十分に洗浄するような衛生観念もなく,また漬物を多食していたことも災いした。 江戸時代には寄生虫病は〈あだはら〉とも呼ばれ,疝気(せんき)という内科疾患には寄生虫病が多かった。江戸末期の《新撰病双紙》には,蟯虫病に悩む娘と,生のマスを食べてコウセツレットウジョウチュウ(広節裂頭条虫)が肛門から出ている男の姿が描かれている。…

※「疝気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

疝気の関連キーワード仙・僭・先・剪・千・占・宣・専・專・尖・川・戦・戰・扇・撰・擅・旋・染・栓・殲・泉・洗・浅・淺・潛・潜・煎・煽・疝・癬・穿・箋・箭・籤・線・繊・纖・羨・腺・船・薦・詮・譫・賤・践・踐・遷・選・銑・銭・錢・閃・阡・餞・饌・鮮古今亭 志ん生(5代目)人の疝気を頭痛に病む落語の「落ち」の種類隣の疝気を頭痛に病む疝気持ち・疝気持肘折[温泉]落語の演題原武太夫ダイダイ燕石十種疝気持疝気筋他人三和

疝気の関連情報