コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疼痛外来 とうつうがいらいpain clinic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疼痛外来
とうつうがいらい
pain clinic

ペインクリニック。主として慢性で頑固な各種の疼痛,自律神経疾患などに対して,神経ブロックを行なって治療する診療部門をいう。神経ブロックには,三叉神経ブロック,腕神経叢ブロック,星状神経節ブロックなどがある。薬剤としては,可逆的または一時的効果のある局所麻酔薬を用いるほか,長期にわたる効果を期待して,アルコールなどの神経破壊剤を用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の疼痛外来の言及

【痛み】より


[ペインクリニックpain clinic]
 主として慢性の痛みを専門に治療する特殊な診療部門で,末梢神経の興奮伝導を遮断する神経ブロックが治療法の主体をなしている。疼痛外来ともよばれる。病気による痛みは一般に症状の一つであって,それを取り除いても病気の根本的な治療にならない。…

※「疼痛外来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

疼痛外来の関連キーワードペインクリニック

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android