疼痛(読み)とうつう

精選版 日本国語大辞典 「疼痛」の意味・読み・例文・類語

とう‐つう【疼痛】

〘名〙 ずきずきうずくような痛み。
小右記‐万寿四年(1027)正月一日「余、左方股疼痛、舞踏之間、進退多憚」 〔顔氏家訓養生

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「疼痛」の意味・読み・例文・類語

とう‐つう【×疼痛】

ずきずき痛むこと。うずき。
[類語]激痛鈍痛痛痒痛み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典 「疼痛」の解説

疼痛

 →痛(つう)

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android