コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局所麻酔薬 きょくしょますいやくlocal anesthetic

世界大百科事典 第2版の解説

きょくしょますいやく【局所麻酔薬 local anesthetic】

原則として意識や反射機能は正常に保ったままで,目的とする局所の知覚を鈍麻もしくは消失させ,局所的疼痛を軽減させる薬物をいう。局所的な手術の際に,疼痛の軽減または消失に用いるのが主用途である。局所麻酔薬は,外傷による疼痛の緩和を目的として,古くから経験的に使用されていた。ペルーのインディオは,2000年も前からコカ葉を嗜好品として用いていたが,これを外傷に使用すると痛みが緩和されることも知っていた。コカ葉の成分がコカインであり,これは現在でも代表的な局所麻酔薬である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

局所麻酔薬
きょくしょますいやく

麻酔薬」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

局所麻酔薬の関連キーワードテニス肘(上腕骨外側上顆炎)裂肛(切れ痔/裂け痔)アミノ安息香酸エチルベンジルアルコールパラアミノ安息香酸無痛分娩のいろいろ神経ブロック注射硬膜外ブロックアミノ安息香酸ブロック療法気管支鏡検査アルカロイドピペロカインキシロカイン神経ブロックジブカインプロカインリドカインノボカイン歯科用薬剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

局所麻酔薬の関連情報