コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局所麻酔薬 きょくしょますいやくlocal anesthetic

2件 の用語解説(局所麻酔薬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょくしょますいやく【局所麻酔薬 local anesthetic】

原則として意識や反射機能は正常に保ったままで,目的とする局所の知覚を鈍麻もしくは消失させ,局所的疼痛を軽減させる薬物をいう。局所的な手術の際に,疼痛の軽減または消失に用いるのが主用途である。局所麻酔薬は,外傷による疼痛の緩和を目的として,古くから経験的に使用されていた。ペルーインディオは,2000年も前からコカ葉を嗜好品として用いていたが,これを外傷に使用すると痛みが緩和されることも知っていた。コカ葉の成分がコカインであり,これは現在でも代表的な局所麻酔薬である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

局所麻酔薬の関連情報