コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

症状精神病 しょうじょうせいしんびょうsymptomatic psychosis

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじょうせいしんびょう【症状精神病 symptomatic psychosis】

高熱疾患,代謝疾患,自家中毒内分泌疾患など,身体疾患に随伴する精神障害をさす。アメンチア譫妄(せんもう),朦朧(もうろう)状態が中核的な症状で,幻覚症,過敏性情動衰弱状態,コルサコフ症候群も出現する。これらの症状は身体疾患の種類に関係なくみられるもので,1912年ボネファーK.Bonhoefferによって外因反応型として記載された。現在では躁鬱(そううつ)状態や分裂病様状態も加えられる。脳に主病変があるものは器質精神病,中毒性疾患は中毒性精神病として区別されるが,症状精神病との間に概念的な混乱をきたすので,これらを包括して身体的基礎のある精神病としてまとめることがある(K.シュナイダー,1950)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

症状精神病の関連キーワード心の病気とからだの病気外因性精神病下田光造夢幻状態思考障害アモクせん妄幻視

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android