コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

症状精神病 しょうじょうせいしんびょう symptomatic psychosis

1件 の用語解説(症状精神病の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじょうせいしんびょう【症状精神病 symptomatic psychosis】

高熱疾患,代謝疾患,自家中毒内分泌疾患など,身体疾患に随伴する精神障害をさす。アメンチア,譫妄(せんもう),朦朧(もうろう)状態が中核的な症状で,幻覚症,過敏性情動衰弱状態,コルサコフ症候群も出現する。これらの症状は身体疾患の種類に関係なくみられるもので,1912年ボネファーK.Bonhoefferによって外因反応型として記載された。現在では躁鬱(そううつ)状態や分裂病様状態も加えられる。脳に主病変があるものは器質精神病,中毒性疾患は中毒性精神病として区別されるが,症状精神病との間に概念的な混乱をきたすので,これらを包括して身体的基礎のある精神病としてまとめることがある(K.シュナイダー,1950)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

症状精神病の関連キーワード小児慢性特定疾患悪液質疾患慢性疾患基礎疾患化膿性疾患循環器疾患代謝性疾患内分泌異常内分泌疾患

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone