痙攣性発声障害(読み)ケイレンセイハッセイショウガイ

デジタル大辞泉 「痙攣性発声障害」の意味・読み・例文・類語

けいれんせい‐はっせいしょうがい〔‐ハツセイシヤウガイ〕【××攣性発声障害】

声帯筋肉意志と無関係に収縮することによって、声が途切れる、ふるえる、かすれるなどの症状が起こる難治性の病気ジストニア一種SD(spasmodic dysphonia)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の痙攣性発声障害の言及

【声】より

…これを心因性失声症とよぶ。このほか,のどがつまってしぼり出すようなふるえ声になってしまう状態もあり,痙攣(けいれん)性発声障害とよばれる。 喉頭に癌が発生して,放射線治療などでは処置することができず,手術的に喉頭をとり去ってしまう必要がある例がある。…

※「痙攣性発声障害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android