発明家(読み)はつめいか

精選版 日本国語大辞典の解説

はつめい‐か【発明家】

〘名〙
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「此輩は固より機関の何物たるを知らずして只管これを有害無益の物と視做し之が為め世間一般の恩人たる発明家も害を被りしこと少なからず」
② 発明、考案を業とする人。
※案内者(1922)〈寺田寅彦〉「折角いい考はもち乍ら結局失敗する発明家や発見者も時々出て来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報