案内者(読み)アンナイシャ

デジタル大辞泉の解説

あんない‐しゃ【案内者】

《「あんないじゃ」とも》
案内をする人。案内人。
物事の内容・事情などをよく知っている人。
「敵は―、我等は無案内なり」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんないしゃ【案内者】

導いて行く人。先導者。
事情に通じている人。 「東国の-とて、長井の斎藤別当実盛をめして/平家 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんない‐しゃ【案内者】

〘名〙 (「あんないじゃ」とも)
① 様子をよく知っている人。その場所の地理などに通じた人。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)九月三日「三浦次郎義澄為国郡案内者竊聞彼用意
② 道案内をする人。導く人。案内役。先導。
※平家(13C前)九「さきうちせさせて案内者にこそ具せられけれ」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「トキニ通さん案内者(アンナイジャ)の陳海はどうしやしたらう」
③ 内部の事情に通じている人。内部の事情を探る者。また、手引きをする者。密告者。間者。
※東大寺文書‐第三回採訪一二・弘安四年(1281)八月一六日・僧聖守書状「然は存知其次第、内々於関東、申合案内者、沙汰共有便之様に申候はば、其後申給寺解候て」
④ あることがらについて、はばひろい知識と経験を有する者。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

案内者の関連情報