コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登極令 トウキョクレイ

2件 の用語解説(登極令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうきょく‐れい【登極令】

天皇の践祚(せんそ)、即位礼などを規定した旧皇室令。明治42年(1909)公布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうきょくれい【登極令】

践祚せんその式、元号制定・即位礼などにつき定めていた旧皇室令。1909年(明治42)公布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の登極令の言及

【皇室】より

…皇室事務のいっさいは天皇の総攬(そうらん)するところであり,皇室大権として位置づけられ,宮内大臣がこれを輔弼(ほひつ)した。皇室事項を規律する法規範は,憲法を頂点とする政務法体系から区別されて宮務法体系を形成しており,その頂点には皇室典範が立ち,その下に立儲令,登極令,皇室親族令などの皇室令が制定されていた。こうして,皇室には原則的に通常の国の法令は適用されなかった。…

【即位】より


[明治以降の儀制]
 明治維新後に行われた明治天皇の即位式は,従前の中国風の儀礼を払拭することに努め,天皇の冕服や諸臣の礼服を廃して,束帯や衣冠に改め,烏形以下の幡に代わって,幣帛(へいはく)を付けた大幣旗,日月幣旗などを立て,香を焚く炉を廃し,奉幣案と大地球儀を置いた。ついで皇室典範の制定に当たり,〈即位ノ礼及大嘗祭ハ京都ニ於テ之ヲ行フ〉と規定し,さらに1909年〈登極令〉が制定されるにおよび,即位礼は先帝の諒闇が明けた年の秋冬の間,大嘗祭に先立って京都皇宮の紫宸殿において挙行されることになった。また〈登極令〉では,あらためて古来の伝統を重んじて儀注が定められ,大正・昭和の大礼はその規定により行われたが,1947年皇室典範が新定され,〈登極令〉が廃止されたため,現在は即位礼に関する規定は存しない。…

※「登極令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

登極令の関連キーワード皇太后践祚即位文徳実録即位式大統譜中臣の寿詞中山績子源朝子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

登極令の関連情報