次第(読み)しだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

次第
しだい

能楽用語。 (1) 能の小段名。7・5,7・5,7・4の3句から成り,第2句は第1句の繰返しシテワキなどの登場直後に多く用いられ,ことにワキに多い。また地謡のうたう地次第もあり,クリ・サシ・クセの初めにこれをおき,クセの最後の詞章同文で結ぶのが完備した形式であるとされる。 (2) 登場直後に次第をうたう役に合せて演奏される囃子の名。大鼓小鼓に笛が加わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐だい【次第】

[名]
物事が行われる際の一定の順序。「式の次第を書き出す」
今まで経過してきた状態。なりゆき。「事の次第を話す」
物事の、そうなるに至った理由。わけ。事情。「そんな次第で明日は伺えない」
狂言の構成部分の一。七・五、返句、七・四の3句からなる拍子に合った謡。シテワキなどの登場第一声として、また曲舞(くせまい)乱拍子の序歌としても謡われる。
能や狂言で、シテ・ワキなどの登場に用いる囃子事(はやしごと)。大鼓・小鼓に笛があしらい、続いて4が謡われる。
歌舞伎囃子(ばやし)の一。5を取り入れたもので、能がかりの登場音楽として用いるほか、「関の扉(と)」などの幕開きにも奏する。
[接尾]
名詞に付いて、その人の意向、またはその事物の事情のいかんによるという意を表す。「あなた次第でどうともなる」「この世はすべて金次第
動詞の連用形に付いて、その動作が行われるままにという意を表す。「手当たり次第に投げつける」「望み次第に買い与える」
動詞の連用形または動作性の名詞に付いて、その動作がすむと直ちにという意を表す。「満員になり次第締め切る」「本が到着次第送金する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しだい【次第】

能および狂言の用語。(1)能の囃子事で男女,貴賤僧俗を問わずに幅広い役の登場に用いる。老人,神仏,精,霊,鬼などには用いない。笛,小鼓,大鼓で奏演するが,笛は大鼓,小鼓のリズムに合わせずに所定の部分だけで奏する。出入事(でいりごと)のなかでは最も多くの演目に用いられ,登場する役柄によってテンポの遅速の差が大きく,位(くらい)取リ()にも幅がある。直後には必ず謡事の次第を伴う。(2)能の謡事。7・5,7・5,7・4(または7・5)の3句(第2句は初句のくり返し)から成る韻文の短い楽曲。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しだい【次第】

[0] ( 名 )
順序。 「式の-」 「車の-定めにくければ/宇津保 楼上・上
現在に至るまでに、物事がたどった道筋。事情。いきさつ。 「事の-を話す」 「かような-で面目ない」 「事と-によっては一肌脱ごう」
謡曲の詞章の名。七五・返句・七四、または七五の句から成り、多くは脇役の登場第一声として謡われ、役の意向や感慨を述べる。また、曲中で曲舞くせまいや乱拍子の序歌として謡われることもある。
順序を追ってすること。順序よく並べること。 「仏名の所、大徳たち、-してひきゐて七八人参る/宇津保 嵯峨院
( 接尾 )
名詞に付いて、その人の意向、またはその事物の事情いかんによるという意を表す。 「どうするかはあなた-だ」 「とかくこの世は金-」
動詞の連用形に付いて、動作が行われるままにという意を表す。 「成り行き-」 「手当たり-に投げつける」
動詞の連用形または動作性の名詞に付いて、その動作に続いてすぐにという意を表す。 「満員になり-締め切る」 「送金-現物を送る」

つぎて【次第】

〔動詞「つぎつ(継)」の連用形から〕
次第。順序。ついで。 「諸皇子等-を以て各誄しのびごとまうす/日本書紀 推古訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐だい【次第】

[1] 〘名〙 上・下、前・後などの並びをいう。
① 順序。順。ついで。
※霊異記(810‐824)上「我、兄弟上下の次第无くして理を失ひ」
※源氏(1001‐14頃)鈴虫「人々の御車しだいのままにひきなほし」
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「縁日で買って来たやうな植木が四五本次第もなく植ゑてある」
② 正しい順序。正当な手続。
※三代実録‐貞観一四年(872)八月二五日「継々仕奉るべき次第として中納言従三位源多朝臣、従三位藤原常行朝臣をば大納言官に〈略〉任け賜はくと」 〔李紳‐欲到西陵寄王行周詩〕
③ (━する) 順序を追ってすること。順序正しく並ぶようにすること。順序をつけること。→次第に
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「あはれいかにして侍るらん、母宮こそはしだひし給つらめ、いと物器用に心おはせし人ぞかし」
④ はじめから終わりまで。一部始終。
※大和(947‐957頃)御巫本附載「物のあるやうありししだいなど諸共にみける人なりければ」
⑤ 物事の事情や由来、理由、成りゆきなど。
※保元(1220頃か)上「外記・官吏等いさめさせ給ふに、あやまたぬ次第を弁へ申せば」
※末枯(1917)〈久保田万太郎〉「次第によっては、柳生よりもうまいと俺はいふかも知れない」
⑥ 能や狂言で用いる語。
(イ) 謡曲組織の一部で、七五・七五・七四の三句からなる部分。第二句は初句の繰り返しのことが多い。多くは、ワキの登場第一声として謡い、その役の意向や感慨などを述べる。また、一曲の中で、曲舞(くせまい)や乱調子の序歌としてうたわれることもある。狂言の次第も同形式である。
※謡曲・山姥(1430頃)「まづこの歌の次第とやらんによしあしびきの山姥が山巡りすると作られたり」
(ロ) 登場人物が舞台へ出て次第を歌うまで、前奏される囃子(はやし)。大小鼓が主で、笛が従う。後に歌舞伎にも取り入れられた。
※三道(1423)「開口人(かいこにん)出でて指声(さしごゑ)より次第・一歌(ひとうたひ)まで一段」
[2] 〘接尾〙 名詞や動詞の連用形に付いて、その物や事柄の事情に因る意を表わす。
① 名詞に付いて、その人の意向、またはその物事の事情のいかんによる意を表わす。
※玉塵抄(1563)一五「周の末戦国になって王の威おとろゑて諸侯がわれわれうで次第に人の国をとって大になったぞ」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「何事も運次第よ」
② 名詞または動詞の連用形などに付いて、その動作が行なわれるままにする意を表わす。放題。
※米沢本沙石集(1283)九「情(なさけ)ありて命を助けながら、猶僻事に成りて、横さまに損じられん事こそ術無き次第にて侍れ」
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)中「おはかの花もかれしだい、持仏のかうもきへしだい」
③ 動詞の連用形に付いて、その動作がすんだら直ちにの意を表わす。
※室町殿日記(1602頃)一「手透次第に実否可糺由被申候条、可其意候」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「大阪へ着き次第(シダイ)、其処へ電話を掛ければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の次第の言及

【出入事】より

… 出端事は種類が多いが,おもに大鼓(おおつづみ)・小鼓(こつづみ)で奏される大小物と,太鼓が加わる太鼓物,その他のものの三つに大きく分けられる。大小物には,老人を除く男女,貴賤,僧俗などさまざまな役に用いる最も使用例の多い〈次第(しだい)〉,《嵐山》《賀茂》《高砂》など脇能のワキ・ワキヅレがさっそうと登場する〈真ノ次第〉,おもに化身,幽霊,精などの役に用いる〈一声(いつせい)〉(〈次第〉と同様に使用例が多い),老人など脇能の前ジテ・ツレが荘重に登場する〈真ノ一声〉,《砧(きぬた)》《熊野(ゆや)》などでいつのまにかシテが登場していたという趣の〈アシライ出〉などがある。 太鼓物には,《海人(あま)》《殺生石》《野守(のもり)》など,神仏,鬼畜,精などの非人間的な役の登場に用いる〈出端〉,《鞍馬天狗》のように天狗や異相の神などが豪壮に登場する〈大(おお)ベシ〉,《猩々》《西王母》など天仙が風流的に登場する〈下リ端(さがりは)〉,《邯鄲》《鶴亀》など唐人の帝王の登場や着座に用いる〈真ノ来序〉などがある。…

※「次第」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

次第の関連情報