白刃踏むべし(読み)はくじんふむべし

精選版 日本国語大辞典「白刃踏むべし」の解説

はくじん【白刃】 踏(ふ)むべし

(刀の抜き身を踏むことも辞さないのから) 勇気のあるさまをいう。
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉初「中に云く、白刃蹈べしと」 〔礼記‐中庸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android