白刃踏むべし(読み)ハクジンフムベシ

精選版 日本国語大辞典の解説

はくじん【白刃】 踏(ふ)むべし

(刀の抜き身を踏むことも辞さないの意から) 勇気のあるさまをいう。
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉初「中庸に云く、白刃蹈べしと」 〔礼記‐中庸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる