コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白垂 シロタレ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐たれ【白垂】

能の仮髪の一。左右の鬢(びん)から肩の下までらす白い毛髪。「遊行柳(ゆぎょうやなぎ)」「実盛」の後ジテなど、老神や老武者の役に使う。→黒垂(くろたれ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろたれ【白垂】

能で、扮装に用いる添え髪のうち白いもの。左右の鬢びんから肩の前へ垂らす。「老松おいまつ」「輪蔵りんぞう」などに用いる。 → たれ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白垂の言及

【垂】より

(かしら)よりは毛髪が少なく短く,髪すそが揃っている。黒垂(くろたれ)と白垂(しろたれ)の2種があり,黒垂は《高砂》《田村》などの後ジテ,白垂は《実盛》の後ジテ,《西行桜》などに用いる。【羽田 昶】。…

※「白垂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白垂の関連キーワードかつら黒垂垂れたれ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android