白川倫(読み)しらかわ とも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白川倫 しらかわ-とも

円地文子の小説女坂」の主人公。
福島県の大書記官白川行友の妻。夫の妾(めかけ)選びにみずから上京し,妻妾同居の屈辱をしのぶ。さらに小間使いや長男の嫁とまで関係する夫の乱行にたえて,明治の女として自我をおさえ,家のために生き,女の坂の半ばで夫に先だつ。小説は昭和32年角川書店から刊行。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる