コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女坂 オンナザカ

4件 の用語解説(女坂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんな‐ざか〔をんな‐〕【女坂】

高所にある神社・仏閣などに通じる2本の坂道のうち、傾斜の緩やかなほうの坂。→男坂
[補説]書名別項。→女坂

おんなざか【女坂】[書名]

円地文子の小説。明治時代、封建的な家に嫁いだ女性の半生を描く。昭和32年(1957)刊行。同年、第10回野間文芸賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんなざか【女坂】

高い所にある社寺に通じる坂道が二つある時、勾配のゆるい方の坂。 ↔ 男坂

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女坂
おんなざか

円地文子(えんちふみこ)の長編小説。1949~57年(昭和24~32)『小説新潮』などに発表。57年角川書店刊。大書記官白川行友の妻倫の忍従の半生記。夫の妾(めかけ)と住み、使用人や長男の嫁にも通じる夫に耐えて事の始末にあたり、女の坂のなかばで病死する明治の女の抑圧された自我と情を描く。自分が死んでも葬式など出さず、死骸(しがい)を品川の沖へ持って行って、海へざんぶり捨ててもらえばたくさんという夫への最後の伝言は強烈である。野間文芸賞受賞作。[竹西寛子]
『『女坂』(角川文庫・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女坂の関連キーワード陰阜下向降下高層手習い所人高い飛瀑落下痛い所を衝く割挟み

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女坂の関連情報