コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白抜き シロヌキ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐ぬき【白抜き】

印刷や染色で、文字または模様の部分だけ白地で残すこと。「紺地に白抜きの屋号」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しろぬき【白抜き】

染色・印刷などで、模様・図柄・文字などを、白く地色を抜いて表すこと。また、そのもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白抜きの関連キーワードツール・ド・フランス陽線(ようせん)陰線(いんせん)身体障害者標識タイプ孔版印刷影付き文字小学8年生放送番組西村重長大入り袋江戸小紋木版印刷大活字本木版画志野焼のれん中陰蔦印半纏大入袋袋文字

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白抜きの関連情報