コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白斑黒皮症 はくはんこくひしょうleukomelano dermia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白斑黒皮症
はくはんこくひしょう
leukomelano dermia

日光照射によってまず色素沈着が生じ,次いでその部に大小種々の白斑が現れる疾患をいう。患部は露出部に限られる。多くはサイアザイド系降圧利尿剤などの薬物の内服や注射に起因する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

白斑黒皮症の関連キーワード薬疹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android