コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白榴石響岩 はくりゅうせききょうがん leucit phonolite, leucitophyre

1件 の用語解説(白榴石響岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

白榴石響岩

火山岩でリューサイトネフェリンカリ長石主成分として含むもので,一般にアルカリ輝石が存在する[MacKenzie, et al. : 1982].日本語訳の同じリューサイト響岩(leucitophyre)があり,フンボルトはリューサイトとオージャイトからなっていてネフェリンを含まないものを(leucitophyre)といった[Humboldt : 1837].しかし内容に混乱があり,ローゼンブッシュは逆にネフェリンを含まないものを(leucite phonolite)とし,ネフェリンを含むものを(leucitophyre)としている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白榴石響岩の関連キーワードヴェトララ岩シュードリューサイト響岩エティンド岩霞石ベーサイトカムパナイトタヴォラト岩ミケノ岩カタンガ岩ネフェリン-ベーサイトエピリューサイト岩

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone