白河 鯉洋(読み)シラカワ リヨウ

20世紀日本人名事典「白河 鯉洋」の解説

白河 鯉洋
シラカワ リヨウ

明治・大正期の新聞記者,中国文学者 衆院議員。



生年
明治7年3月2日(1874年)

没年
大正8(1919)年12月25日

出身地
福岡県

本名
白河 次郎(シラカワ ジロウ)

学歴〔年〕
東京帝国大学文科大学漢学科〔明治30年〕

経歴
学生時代から「江湖文学」を創刊、文筆活動を始めた。明治31年神戸新聞、32年九州日報主幹を務め、36年中国南京の江南高等学堂総教習。帰国後早大講師、45年大阪日報主筆。大正6年大阪市から衆院議員当選、立憲国民党に属した。著書に「陶淵明」「支那文学大綱」「支那文明史」「孔子」「諸葛孔明」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「白河 鯉洋」の解説

白河 鯉洋
シラカワ リヨウ


肩書
衆院議員

本名
白河 次郎(シラカワ ジロウ)

生年月日
明治7年3月2日

出身地
福岡県

学歴
東京帝国大学文科大学漢学科〔明治30年〕卒

経歴
学生時代から「江湖文学」を創刊、文筆活動を始めた。明治31年神戸新聞、32年九州日報主幹を務め、36年中国南京の江南高等学堂総教習。帰国後早大講師、45年大阪日報主筆。大正6年大阪市から衆院議員当選、立憲国民党に属した。著書に「陶淵明」「支那文学大綱」「支那文明史」「孔子」「諸葛孔明」などがある。

没年月日
大正8年12月25日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android