次郎/二郎(読み)ジロウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐ろう〔‐ラウ〕【次郎/二郎】

2番目に生まれた男の子。次男。また、次男の名に用いる。
男女を問わず、2番目の子。
「―の女子(むすめ)は大和の人の(つまどひ)に迎へられて」〈読・雨月・蛇性の婬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

次郎

猿回し師、村崎太郎とコンビを組むニホンザル。太郎の膝に手を置く“反省”のポーズで知られ、「反省ザル」とも呼ばれる。1978年に活動を開始した初代以降、襲名制で引き継がれ、現在の次郎は4代目(2009年~)。(「村崎」の「さき」は正確には「たつさき」)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

じろう【次郎】

二番目に生まれた男子。次男。
同類の中で二番目のものを擬人化していう。 「筑紫-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android