立憲国民党(読み)りっけんこくみんとう

日本大百科全書(ニッポニカ)「立憲国民党」の解説

立憲国民党
りっけんこくみんとう

明治・大正期の政党。1910年(明治43)3月13日憲政本党、又新会(ゆうしんかい)、無名会戊申倶楽部(ぼしんくらぶ)の一部が合同して結成立憲政友会に対抗した。犬養毅(いぬかいつよし)、大石正巳(まさみ)、河野広中(こうのひろなか)らが中心メンバーで、当初92名の代議士を擁し、責任内閣制、海軍拡張、税制整理(減税)などを強く主張。しかし第一次護憲運動の過程で分裂、改革派の大石ら約半数が脱党し(かつら)新党立憲同志会)に参加した。残留派は犬養を党首として結束し護憲運動の先頭にたったが、以後の党勢は不振で第三党にとどまった。20年(大正9)以後普通選挙法を主張したものの党勢を挽回(ばんかい)できず、22年9月1日解党、11月無所属議員と革新倶楽部を結成した。

[阿部恒久]

『木堂先生伝記刊行会編『犬養木堂伝 上・中巻』(1938、39・東洋経済新報社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「立憲国民党」の解説

立憲国民党
りっけんこくみんとう

日本の政党。 1910年3月憲政本党後身として結成。犬養毅大石正巳が指導的地位にあった。 12年 12月桂内閣 (第3次) の成立に際し,第1次憲政擁護運動が起り,立憲国民党は常にその先頭に立った。しかし,桂は局面を打開するため新党 (立憲同志会) 樹立をはかり,河野広中島田三郎,大石ら多くの国民党幹部を招じたため,結党当時 90名余の議員を擁した同党も 40名に激減した。さらに 17年 10月同志会は解党して憲政会となり,立憲政友会と対立する大政党となったため,国民党の党勢はますます衰え,最後に普通選挙法案をもって戦ったが敗れた。 22年解党,革新倶楽部となり,さらに同倶楽部は 25年政友会に合流した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「立憲国民党」の解説

立憲国民党
りっけんこくみんとう

明治末期・大正時代の政党(1910〜22)
1910年3月,憲政本党を中心に非政友会派が合同して結党。犬養毅らは第1次護憲運動に活躍したが,'13年大石正巳・河野広中ら改革派は脱党して桂太郎の新党(立憲同志会)結成に参加。犬養は党首として残留組を率い,普通選挙法実現に努力したが党勢はふるわず,'22年9月解党し,革新倶楽部に発展的に解消した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「立憲国民党」の解説

りっけん‐こくみんとう ‥コクミンタウ【立憲国民党】

明治末~大正時代の政党。明治四三年(一九一〇)犬養毅、大石正巳らの憲政本党を中心に、又新(ゆうしん)会の島田三郎・河野広中、無名会など非政友三派が合同して結成。大正二年(一九一三)分裂し、残留派は護憲運動に活躍。大正一一年解党。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の立憲国民党の言及

【国民党】より

…明治・大正期の立憲国民党と第2次大戦後の国民党がある。(1)明治末期から大正時代にかけての政党。…

※「立憲国民党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android