コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立憲国民党 りっけんこくみんとう

5件 の用語解説(立憲国民党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立憲国民党
りっけんこくみんとう

日本の政党。 1910年3月憲政本党の後身として結成。犬養毅大石正巳が指導的地位にあった。 12年 12月桂内閣 (第3次) の成立に際し,第1次憲政擁護運動が起り,立憲国民党は常にその先頭に立った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りっけん‐こくみんとう〔‐コクミンタウ〕【立憲国民党】

明治43年(1910)憲政本党を中心に非立憲政友会三派が合同して結成した政党。大正11年(1922)革新倶楽部に発展。→立憲政友会

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

立憲国民党【りっけんこくみんとう】

国民党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

りっけんこくみんとう【立憲国民党】

1910年(明治43)3月、旧立憲改進党・憲政本党系の人々を中心に代議士九二名を擁して結成された政党。政友・憲政二大政党にはさまれ、また、改革派(大石正巳)・非改革派(犬養毅)の内部対立もあって、党勢は振るわず、22年解党。国民党。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立憲国民党
りっけんこくみんとう

明治・大正期の政党。1910年(明治43)3月13日憲政本党、又新会(ゆうしんかい)、無名会、戊申倶楽部(ぼしんくらぶ)の一部が合同して結成、立憲政友会に対抗した。犬養毅(いぬかいつよし)、大石正巳(まさみ)、河野広中(こうのひろなか)らが中心メンバーで、当初92名の代議士を擁し、責任内閣制、海軍拡張、税制整理(減税)などを強く主張。しかし第一次護憲運動の過程で分裂、改革派の大石ら約半数が脱党し桂(かつら)新党(立憲同志会)に参加した。残留派は犬養を党首として結束し護憲運動の先頭にたったが、以後の党勢は不振で第三党にとどまった。20年(大正9)以後普通選挙法を主張したものの党勢を挽回(ばんかい)できず、22年9月1日解党、11月無所属議員と革新倶楽部を結成した。[阿部恒久]
『木堂先生伝記刊行会編『犬養木堂伝 上・中巻』(1938、39・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の立憲国民党の言及

【国民党】より

…明治・大正期の立憲国民党と第2次大戦後の国民党がある。(1)明治末期から大正時代にかけての政党。…

※「立憲国民党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

立憲国民党の関連キーワード新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件南極

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立憲国民党の関連情報