白渡(読み)しらけわたる

精選版 日本国語大辞典「白渡」の解説

しらけ‐わた・る【白渡】

〘自ラ五(四)〙
① すっかり白くなる。すみずみまで明るくなる。
浮世草子・好色二代男(1684)四「夜もしらけ渡り、奥戸明(あく)
② その場のすべての人が興ざめする。がすっかり気まずくなる。
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「婉曲のやうで粗暴のいひまはし論も例もこれのみなれど同じ事繰返し二十分程のべたつれば何に感じてか一坐しらけ渡(ワタ)り」

しらみ‐わた・る【白渡】

〘自ラ五(四)〙
一面に白くなる。
狭衣物語(1069‐77頃か)三「嵯峨野の花、やうやう過ぎて、女郎花色変り、尾花もしらみ渡りつつ、心細げにうち靡きたるに」
② 夜が明けて、あたり一帯が明るくなってくる。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android