尾花(読み)おばな

精選版 日本国語大辞典「尾花」の解説

お‐ばな を‥【尾花】

〘名〙
① (花の形が、けもののに似ているところから) ススキ花穂。はなすすき。《・秋》
万葉(8C後)二〇・四二九五「高円(たかまと)乎婆奈(ヲバナ)吹き越す秋風に紐解きあけなただならずとも」
② (①が風にそよぐさまが手招きに似ているところから) 手招きの様子をすること。
※雑俳・玉の光(1844‐45)二「をいをいをい・たけたが尾花する」
③ 襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は薄縹(うすはなだ)狩衣(かりぎぬ)などの染色で、秋に用いる。花薄(はなすすき)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尾花の言及

【ススキ(芒∥薄)】より

…尾花の名で秋の七草の一つに数えられるイネ科の多年草(イラスト)。日本全土の日当りのよい山野に普通にみられ,群生することが多く,茎葉が密生して大株となる。…

※「尾花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android