コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾花 オバナ

大辞林 第三版の解説

おばな【尾花】

〔花の形が獣の尾に似ていることから〕 ススキの花穂。また、ススキのこと。 [季] 秋。 《 折れたるがほゝけて居りし-かな /加賀谷凡秋 》
かさねの色目の名。表は白、裏は薄はなだ色。秋に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

尾花 (オバナ)

植物。イネ科の多年草,園芸植物。ススキの別称

尾花 (オバナ)

植物。花薄の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の尾花の言及

【ススキ(芒∥薄)】より

…尾花の名で秋の七草の一つに数えられるイネ科の多年草(イラスト)。日本全土の日当りのよい山野に普通にみられ,群生することが多く,茎葉が密生して大株となる。…

※「尾花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

尾花の関連キーワード常磐津文字太夫(6世)ススキ(芒∥薄)なら国際映画祭謎帯一寸徳兵衛モデルガールズ小菅の柱松行事日置長枝娘子喜む良 勇吉恋娘昔八丈湯沢 卯吉真野の入江小牡鹿の掻き添ふ湯沢卯吉穂に出ず露は尾花腕くらべ早野巴人名残の袖かげろう

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾花の関連情報