白猿(読み)はくえん

  • はくえん ‥ヱン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 白い毛の猿。
※三代実録‐元慶三年(879)一一月二七日「石見国言、獲白猿一、木連理六」 〔梁書‐林邑国〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白猿の言及

【サル(猿)】より

… しかし,古代から唐代ころまでは,猿(えん)(猨,など)と呼ばれるテナガザルの系統がとくに神秘化され,猴(こう)と呼ばれるマカック属の系統は卑しいとされた。とくに白猿は,神仙にもたとえられるほどで,人間の女をかたって妻にすることさえ許された。宋代ころからは猿の神秘性はうすれ,代わって猴をめぐる話が優勢となる。…

※「白猿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白猿の関連情報